2019年11月22日 ☆水を買う習慣いつから?☆

☆水を買う習慣いつから☆

  皆さま   こんにちは!   そもそも水は買うものだった??と思いまして、いつから買うようになったのか調べてみました! 私が住んでいた田舎では、水は水道からが当たり前で、買うものを思ってもいなかったのですが、東京などでは買うものをして普通になっていますよね。   水を買う習慣はいつから始まったのでしょうか??   今から40年ほど前に、一般で使われるというよりは、業務用として利用されていたようです。注目され始めたのがバブルの頃とと言われているようで、食べ物にお金をかけるようになってから、水も美味しいものをという事で買う習慣が生まれたようです!   1990年代頃は、河川の状態も良くなっていたようですが、水道水の汚さなどが取り上げられるようになり、美味しい安全な水を求める人が多くなったようです。   そして、2011年の東日本大震災でさらに需要が高くなったようで、非常食の蓄えとして、保管する事も多くなってきたのも大きい出来事のようです。   水道水から飲める国はわずか15か国ほどだそうで、海外に行った時は、必ずと言っていいほど水買っていますよね。   日本の水は、ありがたいことに水道水が飲めるので、たいへん便利ですばらしいことですね! それぞれの生活にあった水とのお付き合いをして、健康的な生活を心がけましょう(^^)   弊社では、そんな美味しい水を提供するお手伝いをしております! 水以外の製品販売で、ガロンボトルやキャップ、その他、水業者様の力になれるような製品の取り扱いをしております!   何かご不明点やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ(^^)☆   株式会社Office MYC 東京都足立区千住旭町11-7 あかつき502号室 TEL:03-6806-2901 FAX:03-6806-2902 営業時間 9:00~18:00(土日祝日定休) http://officemyc.com/officemyc お問い合わせ:info@officemyc.com