2019年12月17日 ☆水が青く見える訳☆

皆さま
こんにちは!
皆さんは水の絵を描く時、水色などの色を使うと思いますが、何で青く見えるのでしょう??
水は無色透明ですが、青く見えるのは、それは光によって見え方が変わるんだそうです。
光が水に反射すると、屈折率の高い青以外の光は水に吸収される!
赤や緑などの色は吸収されてしまうということですね!
その結果、屈折率が少ないが私たちの目に届くんだそうです!
これは空が青く見える原理と同じとのこと!
海も同じ原理ですが、青く見えるところと、緑など違う色に見えるところがありますね。
それは海が位置する場所や、海中の環境によって色が、変わるようです。
緑に見えるのはプランクトンなどの影響によって見えたり、中国では黄砂の影響で黄色に見える事もあるんだそう!
太陽は夏と冬とで高さや方角が違うので、光の入りかたがかわり、見え方も少し違うようです!
水を単体で見ると透明ですが、
光によって青く見えていたということですね☆
確かに、コップの水は透明ですしね!
水と光によって色が作られていたのはおもしろい^_^
 水の豆知識としてご紹介しました^_^☆
弊社では、美味しい水を提供するお手伝いをしております!
水以外の製品を販売しており、業者様向けに、ガロンボトルキャップや、虫除けシートなど、水を販売するのに必要な製品を販売しております!
ご質問やご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ!(^^)!
株式会社Office MYC 東京都足立区千住旭町11-7 あかつき502号室 TEL:03-6806-2901 FAX:03-6806-2902 営業時間 9:00~18:00(土日祝日定休) http://officemyc.com/officemyc お問い合わせ:info@officemyc.com
※年末年始休業日のお知らせ※ 12月28~1月5日まで休業いたします。 (1月6日から通常営業致します)